logo

ウィルコムのWILLCOM CORE XGP、広島市のデジタルサイネージ実証実験に採用

松田真理(マイカ)2009年11月06日 16時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムは11月6日、広島市立大学と広島大学が進める「ICTコスモポリス広島プロジェクト」のデジタルサイネージシステムに、同社の「WILLCOM CORE XGP」が採用されたと発表した。

 ICTコスモポリス広島プロジェクトは、総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)の研究開発課題「モビリティ技術を活用した国際都市ホスピタリティ向上に関する研究開発」において進められているプロジェクトで、広島市立大学と広島大学が2008年6月より広島市内で実施している。

 両者はICカード(FeliCaカード)を電子クーポンとして使用する機能を持つデジタルサイネージシステムを開発し、11月より広島市内2カ所にデジタルサイネージボードを設置。そのうちの1カ所で、デジタルサイネージシステムのインターネット接続回線として、上下最大20Mbpsの通信が可能なWILLCOM CORE XGPが採用されたという。

 ウィルコムは今後、ICTコスモポリス広島プロジェクトのスタッフを対象に、WILLCOM CORE XGP対応データ端末を約30台貸与する予定だ。

デジタルサイネージ デジタルサイネージの外観

-PR-企画特集