logo

ビクター、VHS一体型Blu-ray Discレコーダー「DR-BH250 」を発表

加納恵(編集部)2009年10月30日 12時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは、VHS一体型のBlu-ray Discレコーダー「DR-BH250」を発表した。デジタル放送2番組同時録画にも対応する。11月上旬に発売する。価格はオープンだが、店頭想定価格は13万円前後となる。

 DR-BH250は、250GバイトのHDDにBlu-ray Discレコーダー、VHSデッキを一体化した3in1タイプ。地上、BS、110度CSデジタルチューナーを2基搭載し、HDDにデジタル放送の2番組同時録画ができる。

 フルハイビジョン画質で、HDDとBlu-ray Discに最長約5.5倍の長時間録画ができるMPEG-4 AVCエンコーダーを搭載。HDDに最大約124時間、2層のBlu-ray Discに最大約24時間の録画が可能だ。

 本体には、USB端子のほか、SDカードスロットも設け、ビデオカメラやデジタルカメラのコンテンツ取り込みにも対応する。

「DR-BH250」 「DR-BH250」

-PR-企画特集