logo

ロサンゼルス市議会、「Google Apps」利用に関する契約を承認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロサンゼルス市議会は米国時間10月27日、「Google Apps」利用に関する720万ドルの契約を全会一致で承認した。Associated Pressの27日付け報道によると、同契約は暫定的で、セキュリティ侵害が発生した場合、統合プロバイダーのComputer Sciences Corp.が罰金を支払うことが条件になるという。ロサンゼルス市の採用は、コロンビア特別区とともに米国の行政機関では最大規模の事例となる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]