logo

工人舎、コンバーチブル機構を採用したコンパクトなモバイルPC「PAシリーズ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 工人舎は10月22日、タッチパネル機能付きの「KOHJINSHA PAシリーズ」を発表した。4.8型ワイド液晶を搭載し、ポケットサイズを実現している。同社のウェブサイトと、さくらや、上新電機、ソフマップ、ビックカメラ、ベスト電器、ヨドバシカメラの主要店にて11月上旬より発売される。価格は6万9800円。

 KOHJINSHA PAシリーズは、CPUにAtom Z520 を搭載。512Mバイトメモリ、32GバイトのSSDを内蔵している。本体サイズは約高さ26mm×幅161mm×奥行き111mmで、重量約400g。バッテリ駆動時間は約7.5時間だ。

 一般的なノートPCのようなノーマルスタイル、親指キー入力スタイル、180度回転したリバーススタイルでも利用可能なコンバーチブル機構を採用。オペレーションボタンを使用すれば、両手で本体を持ち、親指だけで操作することも可能だ。電車やバスなどノーマルスタイルでの利用が難しい場所では、リバーススタイルにしてタブレットPCとしても利用できるという。

 光学式ポインティングデバイスは、ディスプレイ左側面とキーボード手前部分の2カ所に搭載。ノートブックスタイルではキーボード手前のポインティングデバイスで、リバーススタイルではディスプレイ側面のポインティングデバイスで操作でき、利用シーンに合わせて最適な操作方法を選択できる。

 OSはWindows XP Home Editionを搭載。130万画素のウェブカメラやUSB2.0ポート、SDHC対応のmicroSDカードスロットなども標準装備されているほか、無線LAN、Bluetooth、ワンセグチューナーを内蔵した。

「KOHJINSHA PAシリーズ」 「KOHJINSHA PAシリーズ」

-PR-企画特集