logo

キヤノン、AF性能を進化したデジタル一眼「EOS-1D Mark IV」を発売

エースラッシュ2009年10月21日 16時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは10月20日、プロ用のデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark IV」を発表した。報道やスポーツ写真の撮影に最適だという。12月下旬に発売する。価格はオープンだが、店頭想定価格は57万円前後となる。

 EOS-1D Mark IVは、新開発のAPS-HサイズCMOSセンサと、映像エンジン「DIGIC 4」を2個備えた「デュアル DIGIC 4」を搭載している。有効画素数は約1610万画素。ISO感度は100〜1万2800まで拡大でき、感度拡張機能を使用すれば、ISO感度50〜10万2400まで設定が可能とのことだ

 F2.8対応のクロス測距センサを39点に配置した新開発AFセンサの搭載により、被写体の捕捉率とピント合わせの精度を大幅に向上したとのこと。加えて新アルゴリズム「AIサーボAF II」が、AFの動体に対する安定性と応答性の両立させているという。

 ボディはマグネシウム合金で、防塵防滴構造およびダスト対策システム「EOS Integrated Cleaning System」による優れた耐久性を実現。最高約10コマ/秒の高速連写や約121枚の連続撮影ができるほか、フルHD動画撮影機能「EOSムービー」に対応する。

 ディスプレイには3.0型クリアビュー液晶IIを採用し光の反射を軽減しているとのことだ。本体のみの重量は約1180g。

「EOS-1D Mark IV」 「EOS-1D Mark IV」

-PR-企画特集