logo

360度どこからでも見られる立体ディスプレイ--ソニーが試作品を開発へ

加納恵(編集部)2009年10月19日 16時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、360度どの方向からでも立体映像が見られる円筒形のディスプレイ「360度立体ディスプレイ」を開発した。メガネを装着せずに立体映像を見ることができる。

 360度立体ディスプレイは、96×128ドットの解像度を持つ立体型ディスプレイ。視聴場所を選ぶことなく、複数の人間が同時に立体映像を見られることが特徴だ。

 本体サイズは直径130mm×高さ270mmの卓上サイズ。発光素子にはLEDを利用し、24ビットフルカラーで表示される。ソニーでは、デジタルサイネージ、医療立体画像の可視化などのほか、立体図鑑、立体フォトフレームなどを想定用途としている。

 10月22日〜25日まで、東京・江東区にある日本科学未来館&東京国際交流館等で開催されるデジタルコンテンツEXPO2009で展示される。

「360度立体ディスプレイ」 「360度立体ディスプレイ」

-PR-企画特集