フォトレポート:顕微鏡写真で見る新しい世界--Nikon Small World受賞作品を紹介

文:CNET News 翻訳校正:編集部2009年10月20日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ニコンが顕微鏡写真コンテスト「Small World」の2009年の入賞作品を発表した。1974年より続く同コンテストは今回で35度目の開催。審査員が「独自性」「学術的価値」「ビジュアル面のインパクト」「撮影テクニック」など、学術的価値と芸術的価値の両面から作品を審査する。詳細はこちら。

 こちらは20位の入賞作品。錆びのついた古いコインを40倍拡大で撮影したもの。イスラエル・ラマトガンのTallinn Israel Veterinary Associationに勤めるHavi Sarfaty氏による。

 ニコンが顕微鏡写真コンテスト「Small World」の2009年の入賞作品を発表した。1974年より続く同コンテストは今回で35度目の開催。審査員が「独自性」「学術的価値」「ビジュアル面のインパクト」「撮影テクニック」など、学術的価値と芸術的価値の両面から作品を審査する。詳細はこちら

 こちらは20位の入賞作品。錆びのついた古いコインを40倍拡大で撮影したもの。イスラエル・ラマトガンのTallinn Israel Veterinary Associationに勤めるHavi Sarfaty氏による。

提供:Havi Sarfaty氏

 ニコンが顕微鏡写真コンテスト「Small World」の2009年の入賞作品を発表した。1974年より続く同コンテストは今回で35度目の開催。審査員が「独自性」「学術的価値」「ビジュアル面のインパクト」「撮影テクニック」など、学術的価値と芸術的価値の両面から作品を審査する。詳細はこちら。  こちらは20位の入賞作品。錆びのついた古いコインを40倍拡大で撮影したもの。イスラエル・ラマトガンのTallinn Israel Veterinary Associationに勤めるHavi Sarfaty氏による。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加