NEC、Windows 7搭載冬モデルを発表--新モバイルノート「LaVie M」など48モデル

坂本純子(編集部)2009年10月16日 19時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとNECパーソナルプロダクツは10月16日、Windows 7を搭載した個人向けPC「LaVie」「VALUESTAR」「Lui」シリーズなど8タイプ48モデルを10月22日より順次発売すると発表した。

 Windows 7の搭載に加え、13.3型ワイドの液晶とデュアルコアCPUを搭載し、ネットブックよりもスペック強化したモバイルPCシリーズ「LaVie M」が登場。デジタル放送をワイヤレスで視聴できる「LaVie L」や、ヤマハと協力しAV機能を強化した「VALUESTAR W」など、ノートPCとデスクトップPCともにラインアップを強化している。

ネットブックの上位モデル「LaVie M」が登場

  • 「LaVie M」

 LaVie Mは、ネットブックよりも快適な操作環境を求めるユーザーをターゲットにした製品だ。打ちやすい19mmピッチキーボードを採用し、最薄部27mmのコンパクト筐体に13.3型ワイド液晶(1366×768ドット)やデュアルコアCPUとなるインテル Celeron プロセッサを搭載している。

 上位モデルとなる「LM350/VG」(市場想定価格12万5000円前後)は、約8.5時間の長時間駆動、重さは約1.77kgで、大容量4Gバイトメモリを搭載した。「LM330/VH」(9万5000円前後)では、バッテリ駆動約4.1時間、重さ約1.59kgとなっている。いずれもOSはWindows 7 Home Premiumを搭載。ボディカラーは、「グロスレッド」「グロスホワイト」「グロスブラック」の3色だ。

  • 19mmピッチキーボードを採用した「LaVie M」

 また、ネットブックとして位置づけられる「LaVie Light」シリーズには、新たなラインアップとしてWindows 7 Home Premiumを搭載した上位モデル「BL530/VH」(7万円前後)も登場した。10.1型ワイド(1024×600ドット)を搭載し、2Gバイトメモリと320GバイトのHDDを搭載する。Windows Starterを搭載したモデルは6万円より。

ワイヤレスでテレビが見られる「LaVie L」シリーズ

  • ワイヤレスTVユニットと「LaVie L」

 NECがスタイリッシュノートと位置づける「LaVie L」シリーズは、デジタル放送をワイヤレスで視聴できるワイヤレスTVユニットを標準添付したモデル「LL770/VG」(21万5000円前後)、「LL570/VG」(18万5000円前後)を追加した。

 これは、無線LAN経由で地上デジタル/BS・110度CSデジタル放送を受信できる専用ユニット「ワイヤレスTVデジタル」を利用することで、パソコン本体にアンテナケーブルを接続することなく、家の中のさまざまな場所でデジタル放送を楽しめるというもの。対応PC以外でテレビは見られないようになっている。

 LaVie LのTV機能対応モデルでは、デジタル放送の録画番組を携帯電話で視聴できる「外でもVIDEO」機能をPC業界で初めて搭載したという。

 Blu-ray DiscドライブとフルHD液晶を採用したLL770/VGと「LL750/VG」(18万円前後)では、保存したハイビジョン映像を編集してBlu-ray Discに保存できる。

 なお、基本性能の強化や搭載ソフトウェアの最適化を行うことで、4月に発表した「LL700/TG」と比較してLL700/VGは起動時間を約50%短縮しているとのことだ。

タッチ対応か広視野角のIPS液晶か--「VALUESTAR W」

  • 「YAMAHA」のロゴも入る「VALUESTAR W」。デスクトップPCとしては初という

 デスクトップPCでは、一体型AVモデルとして位置する「VALUESTAR W」の音響システムを強化した。

 いずれのモデルにもBlu-ray Discドライブを搭載。また、ヤマハが開発した独自の低音再生技術「SR-Bass(エスアールベース)」とチタンコーンスピーカを組み合わせた「YAMAHAサウンドシステム」の新規搭載により、臨場感あふれる音を再現できるという。

 「VW970/VG」(24万円前後)は、デジタル放送3波(地上デジタル/BS・110度CS)の視聴とダブル録画に対応。大画面23型ワイドでフルHD(1920×1080ドット)、左右178度の広視野角を実現したIPS液晶を新たに採用している。

  • 「YAMAHAサウンドシステム」の一部

 「VW870/VG」(23万円前後)は、21.5型のワイドフルHD液晶(1920×1080ドット)でWindows 7の新機能「Windows タッチ」に対応したタッチパネルを搭載した。地上デジタル放送の視聴・録画に対応している。

 このほかにも、自宅の高性能デスクトップPCを宅内外で遠隔利用できるLuiシリーズ(19万円前後〜)やネットブックとしても使える「LaVie Light Luiモデル」(6万5000円)、23型ワイドフルHD液晶が付いたデスクトップPC「VALUESTAR L」(17万5000円〜)、18.5型ワイド液晶を搭載した一体型PC「VALUESTAR E」(14万5000円)も発表された。

 なお、買い替え・買い増しユーザーがWindows 7へ移行しやすいよう、LaVie Lと「VALUESTAR」全32モデルにおいては、すでに所有しているPCの使い慣れた設定や今まで作ったデータを、画面の指示に従って進めるだけで新商品へ転送できる「ファイナルパソコン引越し 3.0 PRO for NEC」を搭載している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加