パイオニア、iPodスピーカー「XW-NAS5」を発表--フルデジタル伝送で音質劣化を低減

加納恵(編集部)2009年10月15日 17時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは10月15日、iPod用スピーカー「XW-NAS5」を発表した。幅420mmのボディにステレオ2chとサブウーファーを備えた2.1chシステムとなる。発売は11月中旬から。価格はオープンだが、店頭想定価格は4万9800円となる。

  • 「XW-NAS5」上から、メタリックシルバー、ルベライトレッド、メタリックブラック

 XW-NAS5は、iPodドック、FMチューナーを内蔵した2.1chスピーカー。ドック部にiPodを挿入し、iPod内の音楽を再生できるほか、別売のBluetoothアダプタ「AS-BT100」を装着することで、iPhone、iPod touchでのワイヤレス再生が可能。なお、A2DP対応であれば、iPod以外のBluetooth対応機からもワイヤレス再生ができる。

 デジタルデータをアナログ変換せずそのままデジタル伝送する「iPod Digital」に対応し、ドックからアンプ、スピーカーまでフルデジタル伝送を実現。アナログ接続モデルでは、アナログ変換時に生じるとされる音質劣化を低減させ、クリアな高音質を再生するという。

  • アナログ接続とiPod Digitalの違い

 本体には、波の音や小川のせせらぎと小鳥のさえずり、ヨーロッパの街角の音など6種類の環境音を内蔵し、環境音のみを再生できるほか、iPod内の音楽とミックスできる「サウンドスケープ」機能を搭載した。

 ボディは流線型を多様したラウンドデザインが特長で、カラーはメタリックブラック、メタリックシルバー、ルベライトレッドの3色を用意した。オーディオ入力、コンポーネント映像出力、コンポジット映像出力を各1系統備え、iPod以外のデジタルプレーヤーやテレビにも接続ができる。

 第3世代以降のiPod nano、iPod classic、iPod touchの音声、映像再生が可能。また第2世代iPod nanoの音声再生にも対応している。iPhoneは、機内モードをオンに設定することで、iPhone、iPhone 3G、iPhone 3GSの音楽再生をサポートする。

  • 底面には10cmのサブウーファーを装備している

  • サイドからみたところ。デザインには、フランス人デザイナーを起用したという

  • 本体上部には、電源オンオフとボリュームなどのボタンが並ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加