logo

NEC、大規模事業者向けECシステムをSaaS型で提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは10月13日、百貨店や大手通販事業者など大規模事業者に向けて、ECシステムをSaaS型で提供するサービス「NeoSarf/EC」の販売を開始した。NECによると、SaaS型の大規模事業者向けECシステムの提供は国内初という。

 NeoSarf/ECは、商品情報表示や商品検索などの「フロント機能」、商品の管理や注文、受注管理、コンテンツ管理、顧客管理などの「バックオフィス機能」、ログ管理やアクセス権限管理などの「共通機能」に加え、NECが独自に開発したEC用のコンテンツマネジメントシステムなどもSaaS型で提供する。これにより、利用企業は個別にシステムを構築することなく、ECシステムを短期間かつ低コストで利用できるとのこと。料金は月額400万円からとなる。

 EC事業者の事業拡大に伴うショップサイトの追加もNECの同一システム基盤で対応できるほか、ひとつの事業者が複数のサイトを運営する際、顧客管理を一元管理できるという。SaaS基盤はNECの「RIACUBE/SP」を利用している。

 NECでは今後5年間で30社への販売を目指す。さらに、中小規模のEC事業者など向けのサービスも順次提供していくとしている。

-PR-企画特集