アクトビラとパナソニック、高画質映像ライブ配信の実用化実験を実施

エースラッシュ2009年10月01日 20時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクトビラとパナソニック ネットワークサービシズは10月1日、高画質映像ライブ配信技術の実用化実験をスタートした。「アクトビラ ビデオ・フル」対応のデジタルテレビ向けに開発されたという。

 高画質映像ライブ配信技術は、パナソニック ネットワークサービシズが手がけたもの。ネットワーク帯域のゆらぎを吸収し、安定したライブ配信をするサーバを開発したことで、高画質映像のライブ配信が可能になったという。

 システムは、映像のフォーマット変換をする「リアルタイムエンコーダ」「IP変換装置」「ライブ配信サーバ」で構成されている。ライブ会場等の撮影場所からサーバまでと、配信サーバから視聴する家庭までの経路は一般の光回線を利用する。

 10月6日から開催される「CEATEC JAPAN 2009」の会場でもこの配信技術を利用した実用化実験が実施されるとのこと。商用サービスとしての実用化のメドは2010年中となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加