logo

MySQLの元CEOミコス氏、「客員起業家」としてベンチャーキャピタルに入社

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、長谷睦2009年10月01日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソースのデータベース企業MySQLの元最高経営責任者(CEO)で、同社がSun Microsystemsに買収されてから約1年後に会社を去ったMarten Mickos氏が、客員起業家(Entrepreneur In Residence:EIR)としてBenchmark Capitalに加わったことが判明した。

 「わたしがBenchmark Capitalを気に入っている理由は、『起業家にとって何が最良か?』を常に問いかけ、大きなことを考えているからだ」とMickos氏は米国時間9月29日にTwitterでつぶやいている。

 Benchmark Capitalの側もMickos氏を称賛している。Benchmark Capitalは自社サイトで「Mickos氏は世界を揺るがすビジネスを築く人物だ。MySQL ABのCEOを務めた7年間に、Mickos氏はガレージを仕事場にしていた新興企業を、世界第2位のオープンソース企業に育て上げた」と同氏を紹介している。

 Mickos氏は2001年にMySQLに加わり、2008年にSun Microsystemsに買収される間も会社にとどまったのち、2009年3月末にSunを去った。Mickos氏は、新興のクラウドコンピューティング企業RightScaleの取締役を務めるほか、メールソフト「Thunderbird」の開発に取り組むMozilla Messagingの理事でもある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集