logo

シャープから新AQUOSブルーレイ3機種が登場--長時間モードでダブル録画を実現

加納恵(編集部)2009年09月24日 15時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは9月24日、Blu-ray Discレコーダー「AQUOSブルーレイ」シリーズにおいて、「BD-HDW50」「BD-HDW45」「BD-HDW43」という3機種の新製品を発表した。フルハイビジョン画質のまま約8.5倍の長時間録画を実現する。発売は10月24日から。価格はオープン。

 BD-HDW50、BD-HDW45、BD-HDW43は、それぞれ1Tバイト、500Gバイト、320GバイトのHDDを内蔵した。地上、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載し、2番組同時録画をサポートする。

 MPEG-4 AVC圧縮方式を利用した長時間録画モードでは、フルハイビジョン画質のまま、約8.5倍の長時間録画を実現。2層のBlu-ray Discを使用すれば、最長約36時間の録画ができるという。

 また、2番組同時録画時に2番組ともに長時間モードを利用することも可能になった。従来は必ず一方の番組がDRモードでの録画になっていたのに対し、ディスク容量の不足を防ぎながら長時間録画ができるようになったという。さらに、HDDへの2番組同時録画中にBlu-ray Discビデオソフトの再生やHDDからBlu-ray Discへの高速ダビングをサポートするなど、録画の自由度が高まっている。

 録画した地上、BS、110度デジタルCS放送の番組はUSBケーブルを介して、携帯電話に転送できる「高画質 番組持ち歩き」機能も内蔵。録画画質はワンセグより4倍細かい解像度と2倍多いコマ数になるとのことだ。

  • BD-HDW50(1Tバイト、店頭想定価格:19万円前後)
  • BD-HDW45(500Gバイト、店頭想定価格:14万円前後)
  • BD-HDW43(320Gバイト、店頭想定価格:12万円前後)
「BD-HDW50」「BD-HDW45」「BD-HDW43」 「BD-HDW50」「BD-HDW45」「BD-HDW43」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]