logo

アップル、中国での「iPhone」販売で新たに交渉中

文:Jim Dalrymple(CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一2009年09月15日 13時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは時間を無駄にすることなく中国での「iPhone」販売を拡大しようとしている。

 8月末にiPhone販売に関して中国聯通(China Unicom)と契約したばかりのAppleは、中国最大の携帯電話事業者である中国移動(China Mobile)とも再び交渉に入っている。

 米国時間9月14日付けのThe Wall Street Journal(WSJ)の報道によると、China Mobile会長の王建宙(Wang Jianzhou)氏は、iPhoneの販売でAppleと交渉中であることを認めたという。Appleは米国を含めた一部の国では通信事業者と独占契約を結んでいるが、China Unicomとは非独占契約だ。

 このためAppleは、市場で希望するだけの通信業者と交渉できる。しかし、これはAppleにとって長所でもあり、短所でもある。

 中国最大のChina Mobileには1億4100万人の契約者がいるとWSJは報じている。この数字は第2位のChina Unicomの契約者数の3倍以上だ。China Mobileの契約者にiPhoneが行き渡れば、Appleにとっての経済効果とマーケットシェアは当然ながら大きい。

 一方で、TD-SCDMAを使うChina Mobileの無線プラットフォーム上でiPhoneを使用できるようにするには、AppleはiPhoneの一部を変更する必要がある、とWSJは指摘している。その他の選択肢としては、iPhoneには変更を加えず、速度の低いChina Mobileの2Gプラットフォームでサービスを提供することも考えられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

  • RPA特集

    同僚はITシステム?業務自動化は人+IT

  • DX時代の内部不正対策

    リスクの顕在化を防ぐチェックポイントを
    マイクロソフトと弁護士の対談から探る

  • BCP対策:前編

    「ビッグデータ」 から考える、働き方改革
    とBCP対策

  • 次の一手はこれだ!

    ZDNet×マイクロソフトが贈る特別企画
    今、必要な戦略的セキュリティとガバナンス

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]