国内のITサービス市場、本格的な回復は2011年以降に--IDC Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは9月7日、国内産業分野別のITサービス市場規模予測を発表した。2008年の国内ITサービス市場は前年比3.1%増の5兆2251億円となったが、2009年は同1.9%減の5兆1257億円に転じると予測している。

 ITサービス市場は2010年以降成長に転ずるものの、本格的な市場の回復は2011年以降となるという。2008年から2013年までの年間平均成長率(CAGR)は1.7%で、2013年には5兆6778億円に達するとみている。

 2009年は、内外需の大幅な冷え込みや円高による業績悪化の影響を受けた製造業や、今回の景気後退の「震源地」ともいえる金融業において、新規構築案件を中心にITサービス支出削減がみられる。一方で、政策的な支出が期待される中央官庁、医療機関では比較的堅調なITサービス支出が期待されるという。

 不況期に強いといわれてきたITアウトソーシングについても、サービス価格の下落や委託範囲の見直しにより、成長率は鈍化傾向にある。ただ、コンプライアンス投資、M&Aに伴うシステム統合、ITアウトソーシングといった分野については支出の拡大も見込まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加