logo

2008年の国内ERP市場は前年比8.0%増、2009年も微増へ--IDC Japan調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは9月1日、「国内ERP市場 2008年の分析と2009年〜2013年の予測」を発表した。

 2008年の市場規模は1763億2600万円で、前年比8.0%増。2008年9月まで好調な導入機運があったことに加え、金融危機以降も中期経営計画に組み込まれた大手企業向けERPパッケージを中心に、プロジェクトが止まることなく進行したことが市場を牽引した。

 一方、2009年は、2008年9月の金融危機以降に新規ERP導入の引き合いが減少した影響から、前年比1.8%増にとどまると予測している。2008年から2013年までは年平均成長率3.8%で成長し、2013年には2125億9700万円に達するとのことだ。

 2008年のベンダーシェアは、首位がSAP(18.0%)、2位は富士通(15.3%)、3位はワークスアプリケーション(8.9%)であった。前年比成長率ではオラクルが22.4%増と、最も高い伸びを示した。

-PR-企画特集