logo

IBM、「ウェブはかつてないほど危険な状態」と警告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは9月1日、2009年上半期の「X-Forceトレンド&リスクレポート」の結果を発表した。ウェブクライアント、ウェブサーバ、ウェブコンテンツなどへの脅威について、対処できないほど攻撃が集中しており、かつてないほど危険な状態になっていると警告している。

 IBMは、PDFファイルによる攻撃の巧妙度が増したことを指摘する。2009年上半期に公開されたPDFの脆弱性は、2008年通年に公開された合計数をすでに上回っており、マイクロソフトOffice文書の脆弱性を上回ったという。

 ただ、2009年上半期における全体的な脆弱性の数については、前年同期に比べて8%減少した。マルウェアの数は同9%増で、トロイの木馬が全体の55%を占めている。

 フィッシング発信元の国も2008年から大きく変化した。2008年にはスペインとイタリアが2大発生元だったが、スペインはトップ10に入らず、イタリアは10位となった。2009年の第1位はロシアで、47%を占めている。なお、ロシアは2008年、トップ10に入っていなかった。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]