サイバーエージェントが続落--「アメーバピグ」でアナリスト評価高まるも、強い売り圧力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェント株への売り圧力が強まってきている。アナリストの評価は高まっているが、株価は8月31日まで3日続落。ローソク足は6営業日連続で終値が始値を下回る陰線となり、売り圧力の強さを表現している。

 UBS証券では8月28日付で、サイバーエージェント株に対して投資判断「Buy」継続でリポートを作成した。2010年9月期の第1四半期(10〜12月)には、アメーバブログのAmeba事業が広告収入だけでも黒字に定着する見込みにあり、成長ステージが一段切り替わると指摘している。一方で2月から開始した仮想空間サービスの「アメーバピグ」は7月末で63万人のユーザーを集め、課金収入を順調に伸ばしている。

 UBS証券では今後のモバイル版サービス本格化が業績拡大と株価上昇のきかっけになるとみている。この「アメーバピグ」は国内ナンバーワンのブログサイトを土台とするサービスであり、他社が今後、同サービスをキャッチアップするのは容易ではないともコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加