logo

クロム銅削り出しのヘッドホン--ファイナルオーディオデザインが発売

加納恵(編集部)2009年08月26日 21時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファイナルオーディオデザインとエフ・アイ・ティは8月26日、筐体に金属を用いたインナーイヤーヘッドホンを発表した。クロム銅、ステンレス、真鍮が使用されている。9月上旬からオーディオ専門店や家電量販店にて販売を開始するとのこと。価格はオープン。

 発売されるのは、金属削り出し筐体シリーズ3機種とスタンダード筐体シリーズ3機種の計6機種となる。

 金属削り出しシリーズでは、クロム銅を用いた「FI-DC1601SC」(店頭想定価格:20万円)、ステンレスを採用した「FI-DC1601SS」(店頭想定価格:8万円)、真鍮を使用した「FI-DC1601SB」(店頭想定価格:5万円)の3機種をラインアップ。ファイナルオーディオデザインによると金属による100%削り出し筐体をヘッドホンに採用するのは業界初という。

 いずれも大口径16mmのドライバを使用しており、原音再生を追求した音作りが特徴とのこと。シリコン製のイヤーチップも同梱されるが「ぜひ、金属そのままの音質を聞いてほしい」(代表高井金盛氏)とアピールしている。

 スタンダード筐体シリーズは、ABS樹脂を使用したインナーイヤーヘッドホン。16mmドライバを採用した「FI-DC1600M1」(店頭想定価格:5万円)、13.5mmドライバの「FI-DC1350M1」(店頭想定価格:3万円)、「FI-DC1350M2」(店頭想定価格:1万9800円)の3機種を揃える。DC1600M1とDC1350M1には、ABS成形筐体に特殊合金を塗布し、箱鳴り音を排除したという。

 いずれもケーブルには、高音質と絡みにくさを両立させた布被覆コードを採用している。

 ファイナルオーディオデザインは、欧州向け製品の開発・販売を手がけるオーディオメーカー。日本市場における製品発売は今回のヘッドホンが初になるとのことだ。

クロム銅の「FI-DC1601SC」、ステンレスの「FI-DC1601SS」、真鍮の「FI-DC1601SB」 写真左からクロム銅の「FI-DC1601SC」、ステンレスの「FI-DC1601SS」、真鍮の「FI-DC1601SB」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]