logo

ソニー、2Tバイトモデル含むBlu-rayレコーダー5機種--VHSからの買い換えを重視

加納恵(編集部)2009年08月26日 20時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月26日、Blu-rayレコーダーに大容量2TバイトHDD内蔵モデル「BDZ-EX200」(EX200)を含む5機種の新製品を発表した。VHSからの買い換えニーズを重視し、「カンタンVHSダビング」機能を備えた。9月19日から順次発売される。いずれも価格はオープン。

 新製品はEX200、「BDZ-RX100」(RX100)、「BDZ-RX50」(RX50)、「BDZ-RX30」(RX30)、「BDZ-RS10」(RS10)の5機種。320Gバイトのシングルチューナーモデルから2Tバイトのダブルチューナーモデルまでを揃えた。全機種にネット機能を内蔵し、「アクトビラ ビデオ・ダウンロード」、DLNAによる「ルームリンク」をサポートしている。

 ユーザーターゲットを「VHSからの買い換え」に据え、VHSからBlu-ray Discへのダビングを簡略化するカンタンVHSダビング機能を内蔵。これはテレビ画面上にVHSとBlu-rayレコーダーの接続からダビング操作までをガイド表示してくれるというもの。2層のBlu-ray DiscならばVHSテープ24本分が保存できるという大容量をいかし、テープ資産のライブラリ化を推進する。

 またEX200、EX100、RX50の上位3機種には、スカパー!HDチューナーの番組表から録画予約すると、LANケーブルを通じてBlu-rayレコーダー側に予約情報が転送される「スカパー!HD連動録画」機能を装備した。録画したスカパー!HD番組はBlu-ray Discにダビングできるほか、ビデオ対応「WALKMAN」や「プレイステーション・ポータブル」(PSP)に録画済み番組を持ち出せる「おでかけ転送」にも対応する。

 デジタルビデオカメラ、デジタルカメラとの連携も強化された。全機種に「思い出ディスクダビング」を搭載。静止画、動画などパーソナルコンテンツを一覧にまとめたメニュー画面を自動作成でき、撮影した日時ごとにコンテンツをカレンダー形式で表示する「カレンダービュー」機能も備えている。

 EX200には、独自の高画質高音質回路「DRC-MFv3」を搭載したのをはじめ、全機種に高画質回路「CREAS 2 plus」を採用。この搭載によりBlu-rayソフト品質に近づく、なめらかな高画質を再生できるという。

 店頭想定価格は下記のとおり。

  • BDZ-EX200(HDD:2Tバイト、店頭想定価格:25万円前後)
  • BDZ-RX100(HDD:1Tバイト、店頭想定価格:20万円前後)
  • BDZ-RX50(HDD:500Gバイト、店頭想定価格:16万円前後)
  • BDZ-RX30(HDD:320Gバイト、店頭想定価格:10万円前後)
  • BDZ-RS10(HDD:320Gバイト、店頭想定価格:13万円前後)
  • 「カンタンVHSダビング」。VHSとBlu-rayレコーダーの接続方法も表示される

  • 「カレンダービュー」表示。パーソナルコンテンツを撮影日ごとにコンテンツをまとめられる

  • 「おでかけ転送」は対応機を拡大。WALKMAN、PSPのほか、au、NTTドコモの携帯電話もサポート

-PR-企画特集