米控訴裁判所、UNIX著作権をめぐりSCO Group有利な判決

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年08月26日 12時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SCO Groupは、同社のUNIX著作権をLinuxが侵害していると主張して6年間法廷闘争を繰り広げても、破産法適用を免れることはできなかった。しかし、SCO Groupは米国時間8月24日、この案件で重要な勝利を手にした。

 これまで米連邦裁判所は、Novellが同社UNIX事業をSanta Cruz Operationに売却したあとも、UNIXの著作権はNovellが保持するとの裁定を下していた(Santa Cruz OperationのUNIX資産は、後にSCO Groupが買収)。しかし、控訴裁判所は、そのときのUNIX資産購入契約書の精査などを行った結果、この裁定を覆し、同案件の再審を可能にした。ただし、55ページの裁判所書類によると、控訴裁判所は、SCOがNovellに対し著作権料支払い義務を負っているとの裁定は支持したという。

 SCO Group最高経営者(CEO)のDarl McBride氏は、今回の裁定に満足していた。「今日で戦争が終わったわけではないが、私たちが勝利を収めたこの戦闘が重要なものであることは間違いない」とMcBride氏はSalt Lake Tribuneに掲載された声明の中で述べた。「今は、今回の勝利を手に、次の戦闘に進むべきときだ」(McBride氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加