logo

日本エイサー、WiMAX搭載のAspire oneなど5万4800円より法人向けに発売

坂本純子(編集部)2009年08月25日 18時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エイサー8月25日、acerブランドのネットブックAspire oneシリーズとAspire TimelineシリーズのWiMAX標準搭載モデルを発表した。いずれも法人限定で、ECサイト「CaravanYU」「e-TREND」「oPLAZA」「NTT-X Store」を通じて9月11日より順次発売する。

 Aspire oneシリーズ「AO531h-Bk86X」は、10.1インチの液晶を搭載した。カラーは「マッドブラック」1色。CPUはIntel AtomTM プロセッサ N280で、メモリは1Gバイト。重さは1.15kg、OSにはWindows XP Homeを搭載している。価格は5万4800円で、9月11日に発売する。

 Aspire Timelineシリーズには、CPUにIntel Core 2 Duo SU9400を搭載して10万円を切る「AS3810T-H22X/PH22X」とIntel Celeron Dual Core SU2300を搭載して7万円台となる「AS3410-S22X/PS22X」が登場した。AS3810T-H22X/PH22Xは9月11日、AS3410-S22X/PS22Xは9月17日に発売する。

 いずれも13.3インチの液晶を搭載し、8時間のバッテリ時間を誇る。重さは1.6kg。ビジネスシーンで十分に使えるモバイルPCとして、中小企業を中心に販売していく考えだ。いずれも、Windows Vista Home PremiumとWindows Vista Business(Windows XP Professionalダウングレードモデル)を用意する。

  • 現在の国内における流通比率

 日本エイサーは、ノートPCにおける現在の国内における流通比率について、液晶サイズが10.2インチ以下の「ネットブック」が20%、10.3インチ〜15.3インチの「モバイルPC」が10%、15.4インチ以上の「ノートPC」が70%と説明する。

 マーケティングコミュニケーション課 マネージャーの瀬戸和信氏は、モバイルPCの位置づけについて、「ネットだけを楽しめるものであってはいけない。メインPCとしても活用でき、ネットに接続しないときもPowerPointを編集できるPCでなくてはならない」と説明する。

 さらに「安かろう悪かろうがマーケットで当たり前になっているが、安かろうよかろうが目指すところ。Aspire Timelineシリーズと同等のスペックに近い市場のWiMAX搭載モデルを単純に比較すると、1回分で2台購入できる」とし、価格にも自信を見せた。

  • Aspire oneシリーズ「AO531h-Bk86X」

  • カラーは「マッドブラック」のみ

  • Aspire Timelineシリーズ「AS3410-S22X(7万2800円)/PS22X(7万9800円)」

  • Intel Celeron Dual Core SU2300を搭載

  • Aspire Timelineシリーズ「AS3410-S22X(9万2800円)/PS22X(9万9800円)」

  • Intel Core 2 Duo SU9400を搭載

-PR-企画特集