logo

BSA、自治体向けにソフトウェア資産管理プログラムを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は8月25日、地方公共団体などにおけるソフトウェア資産管理推進策「パブリックセクター向けSAM支援プログラム2009(P-SAM2009)」を開始した。これに合わせ、ソフトウェア資産管理構築に関する情報をまとめたポータルサイト「P-SAMポータル」も公開した。

 パブリックセクターとは、中央省庁と地方公共団体、およびそれらの外郭団体、独立行政法人、国立大学法人、地方独立行政法人、学校法人、医療機関などを指す。P-SAM2009はソフトウェア資産管理の啓発に加えて、構築手順書や規程、記録、基本台帳などのひな型類を無償で提供。さらに、ソフトウェア資産管理構築支援会社を紹介するなど、具体的な支援策を通じてパブリックセクターでソフトウェア資産管理構築を推進する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]