logo

HTC、低価格なAndroid携帯電話機を準備中か

文:Taylor Wimberly(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2009年08月25日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HTCは、まだスマートフォン「HTC Click」を正式に発表していないが、現在ウェブにその画像が流出しており、Googleの「Android」を搭載する低価格な携帯電話機の詳細が明らかになっている。Clickは2009年第4四半期中のローンチが見込まれている。また、同機の価格は、約300ドルになると報じられている。これが事実ならば、Clickは、現在提供されている最も低価格なAndroid搭載電話機の1つとなる。

 Clickのデザインは、「myTouch 3G」に少し変更を加えたものとなっている。同携帯電話機には、タッチスクリーンのみが搭載されており、ディスプレイは2.8インチとやや小さい。トラックボールがなくなり、代わりにその場所に大きな円形の指向性パッドがある。HTCは、すべての携帯電話機に対する3.5mmヘッドセットジャックの搭載に着手しており、Clickには要望の多いその機能が実現されている。

Picture 1 提供:Tinhte.com

 その他のナビゲーションコントロールは、myTouchに似ているが、こちらもデザインが新しくなっている。ホームとメニューのボタンと、戻ると検索のコントロールが、それぞれ1つの形状のボタンにまとめられている。画像では、バッテリカバーにあるドラゴンのデザインが明らかにされている。microSDカードスロットとカメラも搭載されている。

 同携帯電話機の動画もYouTubeに投稿されたが、その後削除された。その動画では、ClickがAndroidの将来のアップデート版である「Donut」を稼働していた。Clickの正式な仕様はわからないが、Donutの到来を待ち望んでいるAndroidファンにとってはうれしい知らせである。

 HTCがいつ正式にClickを発表するのかは確認できていないが、おそらく今後数カ月の間だと思われる。米国の携帯電話事業者が同携帯電話機を提供することになれば、2年契約で100ドル未満の価格になるだろう。2009年には低価格のAndroid搭載電話機が登場することが期待されていたため、Clickの追加は喜ばしいことだ。同電話機は低価格であるにもかかわらず、やや小型のパッケージでAndroidの機能を完全に提供するようである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]