logo

大塚商会、大容量ストレージのウイルス対策サーバパック

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大塚商会(大塚裕司社長)は8月19日、大容量ファイルサーバのセキュリティを強化するサーバパック「Celerraウイルススキャンサーバパック」を8月21日に発売すると発表した。

 「Celerraウイルススキャンサーバパック」は、日立製作所のラックサーバ2台を使用し、冗長化した上にトレンドマイクロ製ウイルス対策ソフト「Server Protect for EMC Celerra」を搭載したパッケージ製品。EMC製ファイルサーバ「Celerra」で構成されたストレージをウイルスから保護することができる。また、すぐに稼働できるよう設定・導入支援サービスをセットにし、従来の半分以下となる税別183万7750円で提供する。

 高性能ファイルサーバ「TWIN NAS 3TBパック」などで培った自社エンジニアによる大容量ストレージ構築・運用実績ノウハウをもとに、冗長化構成のパッケージとしており、動作確認済みのハードウェアで構成するため、機器構成設定などの事前調査を行うことなく、短期間での稼働を可能にする。さらに、運用管理の低減、将来的なデータ増加に対応するバックアップ運用、ディスク増設の際の短い停止時間、サーバ統合・仮想化環境への柔軟な対応などのユーザーニーズにも対応していく。

大塚商会=http://www.otsuka-shokai.co.jp

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

  • RPA特集

    同僚はITシステム?業務自動化は人+IT

  • BCP対策:前編

    「ビッグデータ」 から考える、働き方改革
    とBCP対策

  • DX時代の内部不正対策

    リスクの顕在化を防ぐチェックポイントを
    マイクロソフトと弁護士の対談から探る

  • 次の一手はこれだ!

    ZDNet×マイクロソフトが贈る特別企画
    今、必要な戦略的セキュリティとガバナンス

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]