logo

薄さ20mmの「IXY DIGITAL」から光学20倍の「Powershot」まで

エースラッシュ2009年08月20日 19時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは8月20日、コンパクトデジタルカメラの「PowerShot」シリーズ4機種、「IXY」シリーズ2機種の新製品を発表した。計6機種を8月27日から順次発売する。価格はオープン。

  • 「PowerShot S90」

 「PowerShot G11」は有効画素数約1000万画素で、光学5倍ズームを搭載。「PowerShot S90」は有効画素数約1000万画素で、3.8倍の光学ズームを搭載している。どちらも高感度センサーと映像エンジンDIGIC4の連携で低ノイズ、高画質を実現。オート時の最高ISO感度が1600になったことで、暗いシーンでもブレを抑えた撮影が可能になった。同感度ならば従来の4分の1にまでノイズを減少させているとのこと。また、暗所撮影用にISO12800での撮影を可能とするローライトモードも搭載している。

  • 「PowerShot G11」

 PowerShot G11は画質の明るさを落とさずに被写体に寄って撮影できるデジタルテレコンを搭載。一方、PowerShot S90は手軽に撮影できるオート機能が充実し、22のシーンを自動判別して撮影する「こだわりオート」が搭載されている。店頭想定価格はPowerShot G11が6万円前後、PowerShot S90が5万円前後で、発売はいずれも10月中旬の予定だ。

  • 「IXY DIGITAL 930 IS」

 「IXY DIGITAL 930 IS」は有効画素数約1210万画素で光学ズームは5倍。3.0型ワイドのタッチ液晶を搭載しており、被写体のピントを合わせたい場所をタッチするだけでオートフォーカスが利用できる。店頭想定価格は4万円前後で、発売は9月3日。

  • 「IXY DIGITAL 220 IS」

 「IXY DIGITAL 220 IS」は有効画素数約1210万画素で光学ズームは4倍。厚さ20mmの薄型で、凹凸の少ないデザインが特徴となっている。反射光を抑えた2.7型クリアライブ液晶IIを搭載し、モニター表示の明るさをコントロールできるナイトビュー機能を持ったことで、暗い場所でも被写体が確認しやすい。店頭予想価格は3万3000円前後で、8月27日に発売される。

  • 「PowerShot SX20 IS」

 「PowerShot SX20 IS」は有効画素数約1210万画素で光学20倍ズームを搭載している。デジタルズームと組み合わせれば50倍のズーム撮影ができ、さらに指定画質を下回らないように調整するセーフティズーム機能を持っている。また「0cmスーパーマクロ」でレンズが被写体に触れる距離での撮影も可能にした。店頭予想価格は5万5000円前後で、発売日は8月27日。

  • 「PowerShot SX120 IS」

 「PowerShot SX120 IS」は有効画素数約1000万画素で光学ズームは10倍。約245gのコンパクトボディながら10倍ズーム撮影に対応しているのが特徴だ。画質を落とさずズームするためのセーフティズーム機能やデジタルテレコンを搭載。マクロ撮影は1cmまで寄ることが可能。店頭予想価格は3万円前後で、8月27日となっている。

-PR-企画特集