logo

コネクターメーカーの第一精工が急上昇--ネットブック向け需要増で上方修正 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の増額修正は上期(3〜9月)の上ぶれ分を通期でもスライドさせた程度のもので、下期(10月〜来年3月)だけをみれば期初の想定を大きくは変えていない。今後の自動車向けコネクターの需要回復を考慮すれば、再度の上方修正も期待される状況にある。

 製造業系の企業は、経済環境が非常に悪かった時期に今期の業績計画を策定しており、第一精工もその1つ。今回の決算シーズンでは製造業系企業に好決算が相次いでいるが、多くの会社は思ったほど悪くなかった程度、と保守的な姿勢を崩していない。第一精工も含め、7〜9月から下期の動向次第では再度の上方修正余地もありそうだ。

 第一精工の株価は業績予想上方修正直後の8月11日、12日と連騰し、3000円程度を上限とするレンジから上放れ。中長期的に見ても、2008年7月の高値を完全に上抜けており、本格的な上昇相場入りへのシグナルを点灯させている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]