logo

グーグルの次世代検索技術「Caffeine」、検索結果に従来版と若干の違い

文:Rafe Needleman(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年08月12日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Googleが「Caffeine」という開発コード名の新しい検索技術の公開テストを実施している。検索結果には目に見える変化があるが、非常に微細な変化なので、2つを横に並べてクエリを実行しない限り、従来のGoogleとこのベータ版のGoogleの違いには気付かないだろう。

 Caffeineは、Googleのユーザーインターフェースのアップグレードではなく、Googleのインデックスおよびランキングシステムのテスト版である。筆者が実行した多くのクエリでは、従来版とテスト版の検索上位の結果は全く同じだった。また、検索結果ページも同じに見える。

 例えば、「Google Caffeine」で検索を行った場合、1つのわずかな例外があることを除けば、上位10位の結果は同じであった。その例外というのは、現行のGoogleとCaffeineで、4位と5位の結果が入れ替わっていたことだ。11位以下の検索ページでは両者の違いはより大きくなったが、これがそれほど重要でないことは明白だ。なぜなら、ほとんどの人は検索結果の最初のページに表示される情報を利用するからだ。

 「Great America roller coaster」というニュース記事を検索したところ、米国時間8月11日朝の時点では、両者の結果は異なっていた。従来のGoogleでは、コースターが停止して上空40フィート(約12メートル)で乗客が身動きをとれなくなったことに関する10日のニュースが表示されなかった。少し時間をおいて再度実験してみると、両者の検索結果は同じ内容に収束しており、GoogleとCaffeineの両方で、コースター停止事故についてのニュース記事が検索結果ページの一番上に表示された。

Googleの「Caffeine」検索エンジンは、現行のGoogleより先に、結果ページの最上位にニュースを表示した。 Googleの「Caffeine」検索エンジンは、現行のGoogleより先に、ニュースを結果ページの最上位に表示した。
提供:Rafe Needleman/CNET
現行版のGoogleは11日朝の時点では、Great Americaに関するニュースを結果ページの最上位に表示するほど高くランク付けしていなかった。 現行版のGoogleは11日朝の時点では、Great Americaに関するニュースを結果ページの最上位に表示するほど高くランク付けしていなかった。
提供:Rafe Needleman/CNET

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]