logo

2008年度の行政手続きのオンライン利用率が34.1%にまで上昇--総務省まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は、2008年度における行政手続きのオンライン化の状況をまとめた。

 報告書によると、2008年度の各行政機関オンライン化の対象となる手続きは、全部で1万4327種類。そのうちオンラインによる申請・届け出が可能な手続きは1万3129種類で全体の92%を占めた。前年度の94%に対して2ポイントの減少となったが、その原因は手続きの新設・改廃などにより、オンライン化された手続き数が相対的に減少したことによるもの、と総務省は説明している。

 一方、オンライン化されている4億6961万1207件のうち、実際に利用された件数は1億5998万3207件。全体に占める割合では、前年度の実績21.9%と比較して34.1%にまで上昇した。

 また、地方自治が扱う手続き中2008年度において各行政機関からオンライン化の実施方策の提示対象とされていたのは、5992種類。このうち実際にオンライン化の実施方策が提示されたのは5902種類で98.5%にのぼった。

 また、2006年7月に策定された「電子自治体オンライン利用促進指針」に基づき利用促進対象手続きに定められたのは年間で3億3636万件と推計。このうちオンライン手続きの利用率は27.6%を占める9282万8507件で、前年度の23.8%から増加した。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]