logo

出会い系サイトによる犯罪被害児童数が25.6%減少--警察庁まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 警察庁は8月6日、2009年上半期の出会い系サイト関係事件の検挙状況を発表した。

 まとめによると、2009年上半期(1〜6月)における、出会い系サイトの検挙件数は前年同期比17.1%減少し、644件。また、出会い系サイトを通じて犯罪被害に遭った児童数は265人で、前年同期比で25.6%減少した。

 一方、検挙件数644件の内訳は、児童買春・児童ポルノ法違反が243件と最も多く、全体の37.7%を占めた。そのほか重要犯罪は24件で、殺人3件(前年同期1件)、強盗8件(同6件)、強姦10件(同8件)なども含まれている。

 また、出会い系サイト規正法違反の検挙件数は、前年同期比25件増の184件。このうち児童による誘引は119件となり、前年同期よりも45件も増加した。

 そのほか出会い系サイトへのアクセス手段では、被害児童265人のうち99.6%を占める264人が携帯電話を利用していることがわかった。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]