logo

ソニー、暗所撮影に強い「サイバーショット」--裏面照射型CMOS採用で感度2倍へ

加納恵(編集部)2009年08月06日 17時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月6日、デジタルコンパクトカメラ「サイバーショット」シリーズにおいて、裏面照射型CMOSセンサーを搭載した「DSC-WX1」(WX1)、「DSC-TX1」(TX1)を発表した。従来製品に比べ感度を2倍アップし、ノイズを半分に減らせるという。価格はオープン。発売日と店頭想定価格はWX1が9月18日で4万円前後、TX1が9月4日で4万3000円前後となる。

 裏面照射型CMOS「Exmor R」(エクスモア アール)は、回路の下に配置されていた受光部を、上面に配置することで感度を大幅に向上させるという新技術。すでにデジタルビデオカメラ「HANDYCAM」シリーズにも採用されている。

 WX1、TX1はともに、総画素1060万の1/2.4型Exmor R CMOSセンサーを搭載。感度を向上させるとともに、高速連写した6枚の画像を重ね合わせ1枚の画像を生成する「手持ち夜景モード」により、ノイズを約半分に低減した暗所撮影ができるという。

 高速連写機能をいかし、256度(TX1では185度)のパノラマ撮影が可能な「スイングパノラマ」機能も内蔵。縦横好きな方向にひと振りすれば約1秒でパノラマ写真を撮影可能だ。

 記録メディアは内蔵11Mバイトメモリとメモリースティック デュオ、メモリースティックPROデュオ、メモリースティック PRO-HG デュオに対応。1000万画素の静止画と1280×720ドットのハイビジョン動画撮影ができる。

 WX1は、新開発のGレンズを搭載。広角24mmから光学5倍ズームを備えた。本体サイズは高さ51.8mm×幅90.5mm×奥行き19.8mmで重量が120g。約350枚撮影可能なスタミナ性能を実現しているという。ボディカラーはシルバー、ゴールド、ブラックの3色となる。

 TX1は、最薄部14.1mmのスリムボディに光学4倍のカール ツァイスレンズを採用した。3型の「クリアフォト液晶プラス」はタッチパネルを搭載し、指でなぞって操作ができる新ユーザーインターフェースを備えている。ボディカラーはゴールド、シルバー、ピンク、ブルー、グレーの5色展開となる。

 またアクセサリーとして、カメラが自動で撮影する「Party-shot IPT-DS1」(価格:1万4910円)もラインアップした。これはサイバーショットに採用されている顔検出・笑顔検出機能を用いて、台座に載せたカメラがパン(回転)、チルト(角度調整)、ズームして自動撮影するというもの。対応機種はWX1、TX1のみとなる。発売は9月4日から。

  • DSC-WX1

  • DSC-TX1

  • IPT-DS1





-PR-企画特集