logo

ジェイマジック、画像認識プラットフォーム「SAYL 2」に「拡張現実機能」を追加 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回追加した拡張現実機能では、オリンパスの画像認識技術「PBR(Point Based Recognition)」のエンジンを利用し、現実の画像の上にバーチャルな物体や画像などを合成して表示できる。

 この機能を利用することで、たとえばユーザーが商品を手に持った写真を携帯電話メールで指定のサーバに送信すると、その商品を認識。その部分にテレビCMの画像を合成した画像を生成し返信するといったキャンペーン広告を提供できる。

 ジェイマジックでは、本機能を利用した「拡張現実モバイルキャンペーン」や「拡張現実モバイルサービス」を提供する。価格は125万円から。発注から納品までの期間は、最短で3週間程度となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]