logo

富士通とマイクロソフト、ミドルウェア分野で協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通とマイクロソフトは8月3日、ミドルウェア分野において協業し、両社のプロダクトを組み合わせたソフトウェア製品を開発したことを発表した。

 ミドルウェア分野の協業の第1弾として開発された製品は、富士通のグループウェア「Teamware」とマイクロソフトのコラボレーション基盤「Microsoft Office SharePoint Server」を組み合わせ、企業内の情報共有、効率的な情報活用を実現する統合コラボレーション製品。

 マイクロソフトの技術協力を得て富士通が開発した。Microsoft Office SharePoint Serverを組み込んで開発した統合コラボレーション製品は国内で初めてだという。

 両社は今後もミドルウェア分野における協業を推進し、PCサーバ「PRIMERGY」とWindows Serverプラットフォームをベースとしたビジネスを拡大するとともに、富士通の「Interstage」「Systemwalker」とマイクロソフトの「.NET」ベースのアプリケーション、「System Center」といったミドルウェアにおいても協業を推進するとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]