logo

激安2500円のコンピュータが大人気、その正体は一体何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パソコンの低価格化が急速に進む中、破格の激安コンピュータが人気を呼んでいる。学研が6月30日に発売した「大人の科学マガジン24号」がそれだ。特集は「マイコンの時代」で、ふろくとして「4ビットマイコン GMC-4」が付いている。価格は2500円。売り切れ店が続出し発売2週間で既に2万部の増刷が決定したという人気ぶりだ。そこで、この激安マイコンを紹介しながら、パソコンの黎明期をほんの少し振り返ってみよう。

●パソコンのルーツ、4ビットのCPUが追体験できる

 パソコンの歴史がスタートしたのは1971年。諸説あろうが、インテルが4ビットCPU「4004」を世に送り出した年が始まりと考えていいだろう。それから38年。世の中には当たり前のようにパソコンが普及し、ついに雑誌のふろくにコンピュータが付くまでに、時代は長足の進歩を遂げたわけだ。

 ちなみに、「マイコン」とは「マイ・コンピュータ」の略。1970年代の日本では、個人向けのコンピュータの総称としてマイコンという言葉が広く使われていた。後の1981年、IBMが「IBM-PC」を発売したことで、パソコン(パーソナル・コンピュータ=Personal Computer)という言葉が一般的になり、それが現在まで続いている。

【写真・動画と記事詳細はこちら】

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]