logo

日本HPとMS、製薬・ライフサイエンス業界向けソリューション提供で協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とマイクロソフトは7月29日、製薬・ライフサイエンス業界向けに「製薬業界向けDynamics CRM導入支援サービス」を提供開始した。

 製薬業界向けDynamics CRM導入支援サービスは、マイクロソフトの顧客情報管理アプリケーション「Microsoft Dynamics CRM 4.0」をベースとした営業支援(SFA)システムの導入を支援するサービス。

 Dynamics CRMと、製薬業界で導入の多いSharePoint Serverおよび日本HPの製薬バックオフィスソリューション「Pharma Sales Suite」を連携させ、クライアント企業の現行業務の分析、潜在要件の定義から設計、構築、運用、保守までを行う。

 SFAシステムの導入により、クライアント企業は、営業の工数削減や、新薬情報、営業活動の成功事例の共有などが可能になり、効率的な営業活動ができるとしている。

 中小製薬企業向けに基本テンプレート活用によるSaaS型サービスとして提供するほか、オーダー開発のハウジング(運用委託)型サービスおよびDynamics CRMを社内に設置する自社設置型サービスをメガファーマ向けに提供する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]