logo

トレンドマイクロ、企業向け「ウイルスバスター Corp.10」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは7月27日、企業向けエンドポイントセキュリティソフトウェアの最新版として「Trend Micro ウイルスバスターコーポレートエディション 10」(ウイルスバスター Corp.10)を9月10日より受注開始すると発表した。クラウドとクライアントPC/サーバが連携することにより、企業のセキュリティ管理の負荷を軽減して、最新の脅威へ対応するという。

 最新版では、同社のクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」でも利用しているファイルレピュテーション(評価)技術を用いてファイル検索をする新機能「スマートスキャン」を初めて搭載した。

 スマートスキャンは、必要最小限のパターンファイルだけをクライアントPC/サーバに配信し、必要に応じてクラウド上のパターンファイルを参照する機能。クラウド上のパターンファイルはトレンドマイクロが管理し、最新の脅威に対応するため、クライアントPC/サーバのパターンファイルを頻繁に更新せずに安全性を維持できるとのことだ。

 また、現在不正プログラムの主な感染経路となっているUSBメモリなどのリムーバブルメディアを、各ユーザー企業の利用ポリシーに応じて柔軟に使用制御設定できるよう、デバイスコントロール機能を強化した。

 2009年第4四半期(10月〜12月)には次世代OSのWindows 7およびWindows Server 2008 R2に対応する計画。さらに、プラグイン製品を提供することでMac OSにも対応するという。今後1年間の販売目標を180億円と設定している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]