logo

富士フイルム、3D写真が撮れる「FUJIFILM FinePix REAL 3D System」

エースラッシュ2009年07月22日 22時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは7月22日、3D映像の撮影や鑑賞ができる製品群「FUJIFILM FinePix REAL 3D System」を発表、撮影用カメラ「FinePix REAL 3D W1」とビューワー「FinePix REAL 3D V1」を発表した。8月8日に発売する。

 FinePix REAL 3D W1はフジノン光学式3倍ズームレンズ、有効画素数1000万画素のCCDを2つずつ搭載したデジタルカメラだ。画像処理プロセッサ「リアルフォトエンジン3D」を搭載し、高画質で自然な3Dの静止画と動画を撮影、再生することができるという。

 独自開発のデジタルカメラ専用3D/2D表示液晶パネルを採用した背面ディスプレイは2.8型で、ワンタッチで2Dと3Dの表示切り替えに対応。シャッターを押すだけで3D映像の撮影ができるとのことだ。店頭予想価格は6万円前後となる。

 FinePix REAL 3D V1はFinePix REAL 3D W1で撮影された3D映像を自然な立体感で表示できるビューワーだ。3D映像用専用メガネ等は不要で、そのままで3D映像を見ることができる。ディスプレイサイズは8型で、店頭予想価格は5万円前後となっている。

 また、3D画像を写真にプリントする「3Dプリント」サービスも同時にスタートし、3D映像の入力から出力までをトータルサポートする予定だ。プリント料金は1枚あたり500円となっている。

「FUJIFILM FinePix REAL 3D System」 「FUJIFILM FinePix REAL 3D System」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]