logo

グーグルの「My Location」機能が「iPhone」の「Safari」から利用可能に

文:Jessica Dolcourt(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2009年07月17日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間7月15日、「iPhone」ユーザーがGoogle.comで「My Location」機能を利用できるようにした。現在、ユーザーが「iPhone OS 3.0」を搭載したiPhoneの「Safari」ブラウザからGoogle.comにアクセスすると、My Locationを有効にするよう促すハイパーリンクが表示される。

 2007年に「Google Maps for Mobile」向けに公開されたMy Locationは当初、地図上に青色の円を表示して、ユーザーの大まかな現在地を示す機能だった。その後、My LocationはiPhone向けの「Google Mobile App」に統合された。GoogleのiPhone向け検索ページ上で、My Locationはクラウドからユーザーの現在地情報を取得し、ユーザーの物理的なコンテキストに関連する検索結果を返す。都市の名前やZIPコードを入力して検索結果を絞り込む作業を、My Location機能がユーザーの代わりに実行してくれるのだ。

 My Location機能は、ユーザーが移動しながら簡単に更新できるように、今後もGoogleのホームページ上にとどまるようである。My Locationは、Preferencesメニューからいつでも無効にすることができる。

 現在のところ、Safari向けMy Locationの検索機能は、米国および英国の英語話者のみに対応する。近いうちに、複数言語および多国籍のサポートも追加される予定だ。

 使い方は以下のビデオで確認できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]