logo

ディアイティ、SSL-VPNアプライアンスの小規模ユーザー向けモデルなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディアイティ(下村正洋社長)は7月16日、Celestix NetworksのマイクロソフトIAG 2007 SSL-VPNアプライアンス「WSA 3000 SMB」と「WSA 8000」を8月1日に発売すると発表した。

 「WSAシリーズ」は、マイクロソフト環境を利用する企業に安心安全で快適なリモートアクセス環境を提供するSSL-VPNアプライアンス。従来までは、中規模、大規模ユーザー向けの製品だったが、今回、小規模ユーザー向けの「WSA 3000 SMB」と、1万人以上の企業やキャリア向けの「WSA 8000」を新たにラインアップする。

 「WSA 3000 SMB」は、標準で30CALを搭載。また、Active Directoryのセキュリティポリシーを適用でき、Active Directoryのユーザー名でログを収集できるため、セキュリティ機能も充実した、費用対効果に優れたリモートアクセスソリューションとなっている。このほか、セキュリティのさらなる強化のために、オプションとしてiPhoneやスマートフォンを利用した2要素認証「HOTPinワンタイムパスワードシステム」も用意している。

 税別価格は、「WSA 3000 SMB」が78万円、「WSA 8000」が638万円。同社では、初年度「WSA 3000 SMB」で120台、「WSA 8000」で10台の販売を目標にしている。

ディアイティ=http://www.dit.co.jp/

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]