logo

パナソニックの新型車用バッテリがマツダ「アクセラ」などに採用--CO2排出量削減へ

加納恵(編集部)2009年07月15日 12時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックとパナソニック ストレージバッテリーは7月15日、新開発のアイドリングストップ車用バッテリ「N-55」タイプが、マツダの「アクセラ」、「ビアンテ」に採用されたと発表した。

 アイドリングストップ車は、信号待ちや交通渋滞で停車する間エンジンが停止するため、停車中はエンジンや発電機が停止してしまう。停車中は、エアコンやカーナビゲーションシステムなど、車両に必要な電気負荷をバッテリから供給する必要がある。

 N-55は、内部抵抗を大幅に低減させ、充電受入性と耐久性を増した新モデル。これにより、高負荷放電の繰り返しで使用されるアイドリングストップ車への対応が可能になったという。

 今回のN-55採用により、前モデル比でアクセラは約15%、ビアンテは約7%の燃費改善につながるとのことだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]