logo

盗聴機器を遠隔で探せるセキュリティサービス、もしもが取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドロップシッピングサービスを展開するもしもは7月10日、盗聴・盗撮機器をリモートコントロール(遠隔操作)技術で探査するドゥーイングのサービス「お部屋のあんしん検診」の取り扱いを7月中旬より開始すると発表した。利用者は自宅に調査員を入れることなく、機械と遠隔操作のみでプライバシーが侵害されていないかを確認できるという。

 お部屋のあんしん検診は、モバイルブロードバンドインフラを利用し、無線盗撮、盗聴機器の電波を検知するサービス。もしもとして、セキュリティサービス商材を扱うのは初めてとなる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]