logo

auの「EZナビウォーク」「EZ助手席ナビ」利用者数が300万人を突破

松田真理(マイカ)2009年07月14日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよび沖縄セルラー、ナビタイムジャパンの3社は、歩行者向けナビゲーションサービス「EZナビウォーク」および助手席向けカーナビゲーションサービス「EZ助手席ナビ」の利用者数が7月11日に300万人を突破したと発表した。

 EZナビウォークは、GPS測位によって現在地をリアルタイムで表示し、目的地まで経路を案内する。2003年10月に提供を開始し、2009年1月には画面や機能を絞った「シンプルモード」、絞り込み検索やお気に入りスポットの登録など機能を充実させた「フルモード」の2つのモードを用意した。

 EZ助手席ナビは、交差点名称を音声で読み上げる機能、ルート自動再検索、全国の渋滞情報(VICS)を考慮したルート検索機能などを搭載。2005年9月に提供を開始し、2009年にはルート検索結果に合わせたETC割引料金の一覧表示を導入した。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]