logo

マイクロソフト、「Silverlight 3」正式版をウェブで公開

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一2009年07月10日 13時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間7月10日にサンフランシスコで開かれるローンチイベントより1日早く、「Silverlight 3」の正式版がウェブで公開された。

 Silverlight 3の公開はAdobeの「Flash」に対抗する同社の最新の取り組みを示すもので、Microsoftファンサイトの「Neowin」で取り上げられている

 Microsoftは3月のイベント「MIX09」でSilverlight 3について詳細を語り、ベータ版を公開していた。

 Silverlight 3の新しい機能に、PCのハードウェアを活用してグラフィックス処理性能を向上させる技術がある。また、Silverlight 3では、PCとMacのどちらであってもブラウザの外で走るプログラムに対応できる。

 NBCネットワークはすでに、2010年のバンクーバー冬季オリンピックの配信にSilverlightを採用する予定だと発表している。Silverlight 3では、720pの高解像度(HD)でオリンピックの競技を配信できるほか、生中継の一時停止や巻き戻しという「TiVo」的な機能も実現できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]