logo

チップメーカー各社、「Chrome OS」で実現する新製品に意欲

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2009年07月10日 07時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Texas Instruments(TI)とQualcommのエグゼクティブは、発表されたばかりの「Google Chrome OS」に関して、今後期待するチャンスなどの率直な意見を米国時間7月8日に明らかにした。

 Chrome OSは、Googleの説明では、「軽量」なOSになるため、より少ないハードウェア構成でも、同OSを稼動させられることを意味している。Chrome OSは、まず当初は、基本的に超小型ノートPCを意味するネットブックをターゲットにリリースされ、Googleによれば、コンシューマー向けに2010年後半の発売が予定されているという。

 TIとQualcommは、ともにChrome OSに関し、より広く普及が見込める全く新しいスタイルのデバイス発表の機会を開くことになると確信している。また、両社は、現在世界の多くの携帯電話に搭載されているARMベースの両社のプロセッサ製品群が、さらなる支持を得るための機会も開かれると考えている。

 複数のアナリストが、コンピュータ業界で大幅な再編が起きるとにらんでいる。Pund-ITの社長兼主席アナリストであるCharles King氏は8日、「GoogleがChrome OSで望んでいるのは、コンピューティングおよびコンシューマーの行動における変化である。このシナリオが本当に起こるならば、実質的には、パーソナルコンピューティングにフォーカスするあらゆるベンダーの努力を根底から覆す影響すら及ぼすことになるだろう」と分析した調査ノートを発表した。

 Chrome OSの開発にあたりGoogleとの提携を進めてきたTIは、デバイスの設計分野で大きな変化が生じることを期待していると、同社モバイルコンピューティング世界事業開発部門を率いるRamesh Iyer氏は述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]