logo

シャープ、亀山第2工場の生産能力を増強--液晶パネル生産に追い風

加納恵(編集部)2009年07月09日 19時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは7月9日、液晶パネル生産を手がける亀山第2工場の生産能力を1割引き上げると発表した。これによりマザーガラスの投入枚数は8月から月産10万枚へと増強される。

 亀山第2工場は、2008年秋からの景気低迷を受け生産量の調整に入っていたが、2009年4月にフル操業稼動へと盛り返したことを発表。シャープでは、大阪・堺市の新工場も2009年10月に前倒しで稼動することを明らかにしている。

 シャープでは、生産体制の増強に対して「世界の液晶テレビメーカーからの活発な引き合いが続いていることから、新たな生産効率の改善をした」とコメントしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]