logo

SaaSの導入率は2%、「コストメリット感じない」の声--矢野研調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 矢野経済研究所が7月8日に発表した「ITアウトソーシングの導入実態と利用意向に関する調査結果 2009」によると、SaaSの普及率は2.2%と低いことが明らかになった。コストメリットを感じられないという声が多くあがっており、「現状のままでは今後のSaaSの普及は期待薄」とコメントしている。

 この調査は2008年12月から2009年6月にかけて、国内企業677社を対象に郵送およびウェブ上で実施したもの。

 調査結果によると、オンラインサービスでSaaSを利用していると回答したのは、わずか2.2%にとどまった。話題性は高い一方、現状でSaaSを利用している企業はわずかとなっている。また、今後のSaaSの利用意向についても、「なし」を選んだ企業が83.9%にのぼり、「あり」と回答したのは10.8%だった。

 SaaSの利用意向がない理由として、「コスト面のメリットを感じられないから」という回答が30.4%ともっとも多かった。SaaSは従量課金型の料金体系を採っており、コスト削減効果があるとうたうITベンダーも多い。しかしその魅力は、ユーザー企業に理解されていないようだ。矢野経済研究所では、IT管理コストが減らせて社内のリソース配分を最適化できることや、導入から利用までの期間が短いといった利点をベンダーは訴求する必要があると分析している。

090708_saas.jpg SaaS の利用意向がない理由

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]