logo

シックス・アパート、ブログCMSを脱却した「Movable Type 5」を発表

鳴海淳義(編集部)2009年07月08日 17時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シックス・アパートは7月8日、ウェブサイト管理ソフトの最新版「Movable Type 5」(MT5)を発表した。8月上旬にベータ版を公開し、10月中に製品を出荷する予定だ。

 MT5は現行のMovable Type 4から2年ぶりのメジャーバージョンアップ。ウェブサイト管理機能を強化し、目的によってさまざまなタイプのサイトを構築できるようになった。これまでのブログCMSにとどまらない、「ウェブサイト運営の新標準」(シックス・アパート代表取締役の関信浩氏)に仕上がっているという。

 主な改善点は以下のとおり。

  • 管理画面の刷新
    ログイン後にユーザーが「何ができるのか」をわかりやすく表示するナビゲーションや使いやすい画面レイアウト、検索インターフェースなどを用意した。
  • 複数ブログの運営、ポータルサイトの制作を効率化するウェブサイト管理機能
    文章を更新するブログ、写真をレイアウトするフォトブログ、複数のメンバーで情報を書き込む掲示板、コミュニティブログなど、複数のブログを組み合わせて、さまざまな目的や規模のウェブサイトに発展させられる。
  • カスタムフィールドの強化
    ブログ記事やウェブページの投稿画面に、独自の入力項目を追加できる機能を強化した。ウェブサイトのコンテンツ、独自の入力項目、デザインを連携させることで、プログラミングなしでカスタマイズできる。
  • テーマ機能
    デザインテンプレート、カスタムフィールド、カテゴリなどのウェブサイトの情報をまとめて保存、管理できる機能。テーマを設定することで、画像カスタムフィールド、写真カテゴリー専用デザインを用意した「フォトアルバムテーマ」、料理メニューの投稿、連絡先、地図などのナビを用意した「レストランテーマ」などでサイトを作ることができるという。
  • 履歴管理機能
    ブログ記事、ウェブページ、テンプレートの編集履歴を管理、保存し、過去のバージョンに復帰できる機能を提供。いつ、誰が、どのような変更をしたのかがわかるため、複数のメンバーでウェブサイトを運営しやすくなる。

 MT5のミッションは「目的にそったウェブサイトを、誰もが、作れる、配れる、利用できる」こと。シックス・アパート製品企画担当 執行役員の金子順氏は、「Movable Typeは当初から拡張性が高く、柔軟なフレームワークだった。知識があればどんなサイトも作れるところが大きな強みだったが、手軽にできないところは改善点だと思っていた。いまのMovable Typeの潜在能力を100%引き出すにはかなりの経験が必要だった」と語る。

 これまでユーザーごとの知識、ノウハウに依存するところが大きかったMovable Typeだが、MT5では「何でもできる」から「誰もができる」を実現するフレームワークを目指したという。

 新バージョンには新たな価格体系も導入する。基本ライセンスが6万3000円(1サーバ、5ユーザー)に変わるほか、従来の「追加ユーザーライセンス」を廃止し、新たにユーザー数無制限の「サーバーライセンス」(1サーバ、無制限ユーザーで12万6000円)を用意した。7月8日から新価格体系で先行販売を開始し、基本ライセンスが5万2500円、ユーザー無制限版が10万5000円となっている。

Movable Type 5 価格

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]