logo

ソニー、5万9800円〜のネットブック「VAIO Wシリーズ」を発表--デザインで勝負

坂本純子(編集部)2009年07月07日 15時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは7月7日、ネットブック「VAIO Wシリーズ」を発表した。8月8日より発売する。価格はオープンで、ソニースタイル価格は5万9800円より。

  • VAIO Wシリーズのピンク。SCEの「どこでもいっしょ」のキャラクターとの共同プロモーションも8月より開始する

 インテル Atom プロセッサを搭載した小型ノートPCとしては「VAIO type P」があるが、VAIO Wシリーズは小ささや軽さを追求しない代わりに価格を抑えたものとなっている。ソニーによれば、「家中モバイルをコンセプトとしたもの。ネットブック市場にVAIOの魅力を提案する商品」と位置付ける。

 カラーバリエーションは、「ピンク」「ホワイト」「ブラウン」の3色をそろえた。ホワイトは8月8日より、ピンクは8月22日より発売する。ブラウンは、VAIOオーナーメード限定カラーで、8月下旬より発売する。いずれもデザインモチーフは、南国のフルーツやマカロンなどのスイーツで、親しみやすい丸みのあるフォルムにしたという。

  • マウスとポーチをセットにしたアクセサリーキットも登場

 パームレストは、フルーツの果肉をイメージしたキラキラと細かく光る「ディンプルパームレスト」を採用したほか、見る角度によってデザインが星や花びらに見えるなど、変化のある「デザインタッチパッド」を搭載。キーボードはVAIOでおなじみの「アイソレーションキーボード」を採用するなど、女性を意識したデザインとなっている。

 サイズは、高さ27.5mm(最厚部32.4mm)×幅267.8mm×奥行き179.6mm。重さは約1.19kg(バッテリパック装着時)で、OSはWindows XP Home Edition with Service Pack 3 32ビット正規版を搭載した。駆動時間は約3.5時間。

  • カラーメッセージ刻印サービスのサンプル

 CPUはインテル Atom プロセッサ N280 1.66GHzで、メモリは1Gバイト。HDDは160Gバイトだ。液晶は、10.1型ワイド WXGA(1366×768ドット)だ。このほかに、ウェブカメラ、Bluetooth 2.1+EDR準拠、無線LAN IEEE 802.11b/g/nを搭載している。スロットは、メモリースティック Duo、SDメモリカード/マルチメディアカード(MMC)スロットを備える。

  • パッケージを開けると、デザインタッチパッドと同じ柄の箱が登場する

 VAIOオーナーメードモデルでは、9月より大容量バッテリが選択できるようになるほか、ソニースタイル初となる「カラーメッセージ刻印サービス」を開始する。料金は無料だ。文字のバックを「黒」「赤」「緑」のいずれかより選択できる。

 プレゼントとしても使えるよう、パッケージのデザインも凝ったものになっているほか、ボディカラーと同じ色のマウスとポーチをセットにしたアクセサリーキットも発売する。

 なお、今回のWシリーズよりシリーズ名を変更する。「type ○」という名称から「VAIO ○シリーズ」となり、今回発売するものから名称を変更していくとしている。

  • ピンク

  • ブラウン

  • ホワイト

  • ビビッドなピンクで「おとな可愛い」ピンク

  • チョコレートのようなしっとりとした質感のブラウン

  • 柔らかく温かみがあるホワイト


-PR-企画特集