logo

アップルの出願特許3件が公開--触覚技術、指紋認識、RFID

文:David Meyer(Special to CNET News) 翻訳校正:吉武稔夫、高森郁哉2009年07月06日 10時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが特許を出願した3件の技術が米国時間7月2日に公表された。これらの技術は、触覚フィードバック、指紋認識、RFIDに関するものだ。

 触覚フィードバックに関する特許は、もし承認されれば、「iPhone」に(それにおそらくは他のApple製機器にも)採用されることになるだろう。iPhoneと競合する端末は、画面上のソフトウェアキーボードなどですでに触覚フィードバックを提供している。

 触覚技術では、ユーザーがタッチスクリーンを使用する際に、振動や圧力といった形で感覚的なフィードバックを返すことが可能となる。簡単に言えば、触覚フィードバックを採用したタッチスクリーン上のキーを触ると、本物のボタンを押すのにより近い感覚がもたらされるのだ。

 指紋認識に関する特許は、認証やセキュリティとは直接関係がなく、どの指が使われているかを識別して、指ごとに機能を切り替えるというものだ。

 RFIDリーダーに関する特許は、タッチスクリーン自体の回路にRFID通信回路を組み込む技術だ。

 ただし、これら3件はいずれも特許出願中の技術であり、こうした機能がiPhoneや他のApple製機器に搭載されるまでには長い年月がかかる可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集