logo

スタートアップ企業の徹底支援で投資の成功率を高める--グローバル・ブレイン百合本氏(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式市場の低迷などを背景にアーリーステージのITベンチャーへの投資が控えられている中、積極的な投資活動を続けているグローバル・ブレイン。

 同社の投資方針や戦略について、代表取締役社長の百合本安彦氏とアライアンス担当の熊倉次郎氏に聞いた。後編となる今回は具体的な投資のスキームや、大企業とベンチャーとのマッチング施策、社会起業家の育成支援など幅広い活動について聞いた。前編はこちら

--どうやって500社を超える投資先候補を集めているのですか。

百合本:年間の投資分野を決めています。年末から年始にかけて、新年度にはどんな市場が有望なのか、というところをリサーチしています。それぞれのコンサルタントが来年フォーカスしようと考える分野からじゅうてんを決めて、その分野で活躍する会社を探す。そういう手順を踏んでいます。

 最近はウェブサイトに直接入ってくる案件も増えていますし、事業計画書を直接送付される方もます。こういう積極的なアプローチの中にも良い案件があります。また後で述べますが、アライアンスフォーラムメンバーなどの大企業からの紹介も多い。それで、年間600件にも達するわけです。

--2009年はどういったテーマで投資をしていますか?

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]